べとまるとは

変なスポットへ行ったりアホなことをしたりする、ちょっとおかしなベトナム紹介サイトです。
主に、ダチョウに乗ったり、ベトナム紙幣で風呂を満たしたり、ドリアンの皮を装備したりしています。

観光スポットやおいしいお店の紹介、真面目なインタビューなんかもしています。


ダチョウ乗り
ダチョウに乗ったり(ベトナムでダチョウに絶対乗る方法)、

札束風呂
ベトナム紙幣で風呂を満たしたり(ベトナムドンでリアル札束風呂を実現する)、

ドリアンマン
ドリアンの皮を装備したりしている様子です(ドリアンを装備したらベトナムで人気者になった話)。

そのほかにもいろいろな記事を書いています。
厳選集をつくりましたので、もっと知りたい方はこちらをご覧ください。
2012年5月にスタート、お陰様でこれまでに3つの賞を戴いています。


Yahoo!JAPANのトップに掲載されたこともありました(ウェブ魚拓のリンクです)。

yahoo_魚拓_614


そのほか、過去のメディア掲載情報です。

Web

テレビ

ラジオ

べとまるのfacebookページです。


何のためにやってるの?

文化の違いを楽しむ人をふやすためです。

ベトナムの常識は日本の非常識であり、その逆もまた然りです。
べとまるはベトナムを舞台(またはテーマ)にしていますが、「フォー」や「アオザイ」や「ハロン湾などの世界遺産」といった観光の面を紹介する以上に、ベトナムと日本の文化の違いに焦点を当てています。

異なる文化に対し、違うから避けるのではなく、違うから交わること。
べとまるは、そんな理念に基づき行動をする人をふやしたいと思い、また応援しています。

「だったら札束風呂に入ったりドリアンを被る真似は何なんだ」と言われると…あれは趣味です。
 

運営する人
 
運営する人は、 ネルソン水嶋です。
1984年2月大阪生まれ、2006年4月に就職とともに上京、2011年11月からベトナムで暮らしています。

好きなベトナム料理は、「バインセオ」と「カオラウ」です。
好きな番組は、「吉本超合金」と「ワールドダウンタウン」と「働くおっさん劇場」です。
好きな漫画は、「宮本から君へ」と「不思議な少年」と「ディアスポリス」と「殺し屋1」などです。

そんな経歴と趣味の人間が運営・よく執筆しています。


ネルソン水嶋
この写真を撮った時、インドカレーを食べたあとだったのでとてもカレー臭かったです。


ネルソン水嶋のTwitterアカウントです。


ネルソン水嶋の仕事
 
べとまる運営のほか、ベトナムをテーマとした記事執筆リサーチ動画素材収集などをしております。
ご相談に応じてベトナムの各分野の専門家を紹介することも可能です、お気軽にご連絡ください。 

現在までの執筆媒体(雑誌・ウェブ)

お問い合わせ
 
べとまるでは、皆さんからのいろいろなお便りをお待ちしています。
全てのメッセージに目を通していますが、返信しない場合がありますのであしからずご了承ください。

ネタのタレコミ

べとまるではいつでも、ベトナムのおもしろい人・店・場所を探しています。
自薦他薦は問いません、正直ベトナムにも限りません、ご連絡お待ちしています。

おもしろいか分からないけど、よく分からないから調べてほしい、という依頼も歓迎です。

PR記事の制作を依頼したい

べとまるではPR記事制作のご相談をお受けしています。
月間平均アクセスは、13万PV、4万UU(訪問者数)、平均滞在時間はおよそ2分半(2015/7現在)。
2万人住むと言われる在住日本人の内、約1/4に当たる5,000人の方に読まれているウェブサイトです。

特に、ベトナム在住の日本人の方々に対してアプローチをしたい企業様にオススメです。 

PR例) 【日系美容院・J-first Tokyo PR】6人の美容師で3年伸ばした髪を切る 

運営者やライターに用がある

いつでもお気軽にご相談ください。

応援してます

PCの前でニヤつきます。





転載および引用について
 
べとまるで使用する全ての文章・画像・その他素材の無断転載は一切禁止です。
画像への直接リンクも同じく禁止にしています。

引用の際には、その解釈が人により異なりますので、必ず事前にご相談ください。